UX デザイン

インクルーシブデザイン:
優れたユーザーエクスペリエンス

FACIL’itiでは、Webサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的として、いくつかの障害パートナー協会とのインクルーシブデザインに関する考察を行っています。

メインイメージ:ノートパソコンとスマートフォンを使用している女性の手元の写真

フランスでは、2019年に3,880万人がインターネットで購入しています。これはフランスの人口の半分以上を占めています。 (ソースFEVAD)。
約1200万人のフランス人が何らかの形の障害の影響を受けており、オンラインサービスや製品にアクセスするのが困難な場合があります。 (ソースINSEE)
FAVAD / INSEE

インクルーシブデザインとは何ですか?

インクルーシブデザインとデジタルアクセシビリティという用語は非常に似ていますが、実際は異なります。デジタルアクセシビリティについては、国々で、または世界レベルでデジタルアクセシビリティについての法律が設けられています。

インクルーシブデザインは、ユーザーの使い勝手をよりグローバルに、幅広い人向けに反映したものです。インクルーシブデザインの目的は、Webブラウジングを最適化し、最も単純でわかりやすいものにすることです。

それぞれのユーザーにはそれぞれ異なった、視覚、運動、認知、聴覚など、Webブラウジングに関してさまざまなニーズがあり、インターネットはそれぞれのユーザーにとって快適なものでなければいけません。

Webブラウジングの難易度は、それぞれが遭遇する状況に応じて、永続的である場合もありますが、一時的な場合もあります。たとえば、手首を負傷した場合には、その人にとってはマウス操作が困難になる場合があります。または、彼が目の片頭痛に苦しんでいる場合、その人は画面に集中するのに苦労するでしょう。

インクルーシブデザインの利点

インターネットユーザーのニーズはますます強くなりました。インターネットユーザーの68%は、ユーザーエクスペリエンスが悪いためにWebサイトを離れています(evergage.comのソース)。 したがって、これらのさまざまなニーズを考慮し、最適なナビゲーションを提供することが重要です。

インクルーシブデザインがもたらすもの:

  • 社会的アプローチ(CSR)に重点を置いた会社のより良いイメージ
  • 新規顧客の獲得と維持による競争上の優位性

インクルーシブデザインの設計方法

インクルーシブデザインを設計するための万能ソリューションはありません。人間工学者、UXデザイナー、UIデザイナー、アクセシビリティなど、様々な知識や経験を持ったチームで見つけ出さなければいけません。

これは、インターネットユーザーの多様性に関係する、さまざまなニーズや問題に対しての取り組みとなります。永続的に、または一時的に障害を持つユーザーにとって、Webサイト閲覧を快適にするには、次のリソースが必要となります。

Webアクセシビリティの専門家 – Webサイトを設計または再設計する際、専門家たちによって、WCAGやRGAAなどの標準や推奨事項に準拠できます。

関連する支援技術 – FACIL’itiのような技術を利用することで、特定のブラウジングニーズを満たすWebサイトへと強化します。

アクセシビリティに対する仕組み – ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを改善するために、優れたウェブプラクティスを採用する仕組み

まとめ

1つのソリューションだけでは、インターネットユーザーのさまざまなブラウジングニーズに100%答えることはできません。 インクルーシブデザインとデジタルアクセシビリティを組み合わせて、訪問者にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供すること最も理想的です。

この記事についてもっと知りたいですか?
お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。