ニュース

ファシリティジャポン、WOVN.ioおよび電通デジタルと自社サイト/自社ECサイトのバリアフリー化支援で業務提携

― 表示の出し分け・多言語化対応などSDGsに向けたソリューションを提供 ―

ファシリティジャポン株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:イヴ コルニュ、 以下、 ファシリティジャポン)は、 Wovn Technologies 株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役 林鷹治、 以下、 Wovn Technologies)および株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、 代表取締役社長:川上 宗一、 以下、 電通デジタル)との三社間で下記の通り業務提携契約を締結したことをお知らせします。

【提携に至った背景と目的】
高齢化が進む日本国内において、 シニア層のインターネットの利用率は年々上がっております。 2018年には、 60代で75%以上、 70代で50%以上という結果※1が公表されており、 非常に大きな市場へ成長しております。 また、 高齢化に伴う人手不足によって、 在留外国人の急増や、 インバウンドによる訪日外国人の増加が続いています。 そのため、 企業が今後の事業成長を描くにあたっては、 「シニア対応」「多文化・多国籍化」を念頭においたあらゆる方への対応が求められています。 これはデジタルテクノロジーを活用したサービスにおいても例外ではなく、 持続可能な開発目標(SDGs)の観点においても、 優先的に取り組むべき重要な課題です。 本業務提携により、 SDGs時代に向けて、 企業の自社サイト/自社ECサイトのバリアフリー化を高精度、 高スピードで支援が実現できると考え、 今回の三社業務提携に至りました。
※1 出典:総務省 令和元年版情報通信白書

【提携の概要】
ファシリティジャポンの「アクセシビリティ・ユーザビリティ対応」、 Wovn Technologiesの「多言語・多文化対応」という技術的な優位性を有する2つのサービスに加え、 電通デジタルの「IA設計、 UI設計、 UX設計」を組み合わせて全体最適の設計を行うことで、 自社サイト/自社Eコマースサイトのバリアフリー推進を1パッケージ※2で提供します。 3社が今回の提携を通じて緊密に連携することにより、 従来以上に高精度、 高スピードでのサービス実装を実現します。
※2 各社サービスを個別で、 もしくは任意のサービスを選択してご利用いただくことも可能です。

■Wovn Technologiesの多言語対応「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」について
「WOVN.io」は、 ウェブサイト・アプリを最大40ヶ国語に多言語化し、 海外戦略を成功に導く多言語化ソリューションです。 大手企業をはじめ15,000サイトへ導入されています。 既存のウェブサイト・アプリに後付けすることができ、 多言語化に必要なシステム開発・サイト運用、 翻訳にかかる不要なコストと人的リソースを削減します。


セキュリティ面での安心・安全
WOVN.ioは既存のWEBサイトやアプリに後付けする形で、 SSLページを含む全ページを対象とした多言語化が可能です。 これまで、 数多くの企業およびサービスサイトに実際に導入・検証を行い、 厳しいセキュリティ要件をクリアしています。

 独自技術
国際特許取得済みの技術で、 多言語化における追加開発や運用工数の削減が実現できます。 ECサイトにあるログイン、 ランキング、 レコメンドなどの動的コンテンツを含む全てのページを多言語化することが可能です。 さらに海外SEOにも対応します。

導入実績
ECサイトや大企業をはじめ15,000サイトの多言語化実績で培ったノウハウを駆使し、 言語障壁を取り払うソリューションとして展開しています。

■電通デジタルのIA設計、 UI設計、 UX設計について
電通グループが得意としてきたマーケティングコミュニケーションのノウハウに加え、 大規模から小規模まで数多くのWebサイトを構築してきた電通デジタルの制作・開発ノウハウを融合させ、 事業成長に貢献するサイトを制作します。
特に近年進展の著しいEコマースサイト制作においては、 豊かなブランド表現や利便性の高いユーザー体験の提供が可能になっています。 一方で、 動的エリアを含むページにおける仕様の把握、 機能要件の画面設計への落とし込み、 そしてそれらを理解したうえでのその先のデザイン制作など、 エグゼキューションに求められるスキルとリテラシーはますます高度化する傾向にあります。
電通デジタルでは、 事業レイヤーの戦略策定から、 マーケティング要求の整理、 機能要件・非機能要件の定義、 仕様の策定、 画面設計、 インフラ構築、 サイトデザイン、 開発、 実装、 運用にいたるまで、 ワントップで実現する専門人材と組織体制を有しています。 これらの強みを生かし、 あらゆる方々にとって使いやすいバリアフリーなIA設計、 UI設計、 UX設計を実現します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

障害者差別解消法が2016年に施行されたこともあり、 駅構内の整備をはじめとするオフラインのバリアフリー化は着々と進んでおります。 ファシリティジャポンは、 多様に変化をする現代社会いおいて、 オンラインのバリアフリー化も必要不可欠なものと考えます。 今回の三社業務提携によって、 日本国内のオンラインのバリアフリー化を一気に進めてまいります。

この記事についてもっと知りたいですか?
お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。